2017年1月17日火曜日

整備事例 ランボルギーニガヤルド

パワーステアリング&フロントリフティング不動になりました。

ガヤルドのパワーステアリングとフロントリフティングはベルトや電動ではなく、
エンジンブロックから直接、下画像のギアシャフトを介して動力を得たポンプに
て動きます。
しかしながら、このギアシャフト。
こんなんで良いのか?と言うほどのか細さ!
実際、4万キロでギアが空回りした車のはギア山が削れて無くなっています。
都市部で使う場合は消耗も早いでしょう。







一応、ハンドルが重いだけで走れるのと、
ポンプのギアシャフト単体の部品が供給されるのが救いですね。















0 件のコメント:

コメントを投稿